2012/11/19Mon

勤勉であること
by 渡辺 康二郎研究員

石田梅岩という人がいます。

江戸時代中期に京都の商家に勤めながら聖賢の書に没入し、

45歳で独自の哲学を打ち立てて京都に講座を開きます。

この梅岩の思想は当時の商人に受け入れられ、

日本人の職業観形成に大きな影響力を持ちました。

 

説かれたのは「正直に、勤勉に、ただひたむきに仕事に打ち込むこと」でした。

出家した僧侶が修行に打ち込むのと同じように、商人は商人らしく、

商売に一心に打ち込むことで人格を磨きあげ

"悟り"と同じような境地を切り開く事ができるという考え方です。

 

以降、日本人は働くことそのものに価値・美徳を感じる

(それにより得られる対価以上に)ようになったといいます。

実際に「あの人は働き者だ」というとき、日本人であれば多くの方が

尊敬の念を持ってその言葉を口にするはずです。

 

"勤勉"であることが尊敬の対象になる。

その象徴的人物が二宮尊徳ではないでしょうか。

 

二宮尊徳と言えば、かつて日本中の小学校にあった薪を背負いながら

本を読む少年の銅像を思い出す方も多いでしょう。

彼は幼少期から貧困に生き、思春期には両親を相次いで亡くし、

伯父の家に引き取られます。

 

昼は懸命に働き、夜は寝る間も惜しんで読書をしていましたが、

伯父は学問に理解なく

「(灯火に使う)油が勿体ないから本など読むな」と言われてしまいます。

 

しかし、めげることなく荒れ地に菜種を捲き、

自ら収穫した種を油と交換してまで読書を続けます。

さらに夜明け前から晩遅くまで休むことなく働き続け

20歳で家を復興し自立を果たします。

そしてその後、農政に関する卓越した見識と手腕を買われ、

荒廃した農村の復興に尽力・貢献することになります。

 

まさに「職業に依って以て仁を成す」です。

彼は懸命に仕事に打ち込むことで人格を磨きあげていきました。

晩年江戸城に登城したとき、その風格に並みいる武士が舌を巻いたという逸話もあります。

 

 

勤勉に、ひたむきに仕事に打ち込むことの価値は、現代のキャリア理論にも通じます。

リクルートワークス研究所の大久保幸夫所長は

職業人のキャリアを「筏下り」と「山登り」に例えています。

 

仕事をはじめてからの10年~15年の間、つまり30代前半~半ばくらいまでは、

「筏下り」のように、激流に飲み込まれそうになりながら

とにかく目の前の仕事に一生懸命に取り組む。

そして、ある時期を境に「山登り」のように、登るべき山を定め

一歩一歩頂上を目指して歩を進めていく。

それがプロフェッショナルの生き方であると言います。

 

就活中の学生の方や転職希望の若手社会人の方とお会いすると

「やりたいことが見つからない」と言われることがよくあります。

 

しかし、必死に「筏下り」をすべきとき、

"自分探し"に迷い込めば、溺れてしまいかねません。

 

若いうちは、必死に生き抜く、ひたむきに、ただ勤勉に仕事に取り組む。

それでいいのかも知れません。

 

そして、気がつくと自分でも驚くほどの力がついていて、

高い山の頂を目指せるだけの基礎ができあがっているものだと思います。

SHARE:
CATEGORY:
転職成功のためのノウハウ

ABOUT

リージョナルキャリア東北
「リージョナルキャリア宮城」は、リージョンズ株式会社が運営する、宮城での転職をお考えの方々のための転職支援サイトです。今後のキャリア・転職についてのご相談や、ご希望に合わせた求人情報のご紹介を通して、転職のお手伝いをいたします。

リージョナルキャリア宮城

STAFF

福澤 謙二郎研究員

福澤 謙二郎研究員
リージョナル転職、北海道内での転職を得意とするコンサルタントの集団です!

渡辺 康二郎研究員

渡辺 康二郎研究員
リージョンズ東北カンパニー長。東北の人と企業の成長に貢献すべく日々真剣に、泥臭く、走り回っています。

大石 豊研究員

大石 豊研究員
山形出身、大学は福島、就職は仙台、北陸・関東への転勤を経てUターン、の生粋の東北人です!

古川 志穂研究員

古川 志穂研究員
皆さんの悩みや不安を解消し、ポジティブに転職活動を進めていく為のお手伝いをさせて頂きます。

坂本研究員

坂本研究員
生まれも育ちも宮城県!毎年、東北温泉巡りをしている坂本が、東北のステキ情報を発信します。

菅原 大研究員

菅原 大研究員
宮城県出身の東北人。リージョンンズを通じて東北の人と企業を盛り上ために日々走り回っています

奥山研究員

奥山研究員
食いしん坊な仙台人。宮城を楽しむ情報をお届けします!

RECENT

ARCHIVE

CATEGORY

RSS FEED