2012/12/21Fri

「書」を読む
by 古川 志穂研究員

『自分の小さな「箱」から脱出する方法』アービンジャー・インスティチュート著 

                  

                   金森重樹:監修/富永星:訳 大和書房 刊

 

 

自分の身の回りで起きる人間関係の問題を解決するヒントをくれる本です。

 

この本は小説仕立てになっています。

とある会社の管理職が幹部と11の研修で幹部からは開口一番

君には問題がある」と宣告されます。

 

今まで家族や同僚との関係に不満を感じていたにも関わらず、

自分のコミュニケーションに問題があることに気付いてすらいなかった主人公が、

上司との対話形式で人間関係の源である「箱」について学んでいくお話です。

 

対話形式で終始話が進むので、主人公にうまく感情移入でき、

知らず知らずのうちに「箱」について理解できるようになっています。

 

 

本書は人間関係やリーダーシップ等で問題を引き起こす原因は

「自己欺瞞」であるといいます。

 

これは自分自身に対して嘘をついている状態です。

 

例えば、本当は自分が失敗して職場内に悪い影響を与えているにも関わらず、

自分に都合よく解釈しているというような場面です。

自分は間違っていない、相手が悪い、環境が悪い、タイミングが悪いなどと

考えるうちに周囲との軋轢を起こし大切なこと見失ってしまうのです。

 

 

「箱」とはどのような状態なのかを会話形式で読者に伝え

 

「あなたは自分の気持ちに正直に生きていますか」

 

「小さな"箱"に閉じこもっていませんか」

 

「自己欺瞞に陥っていませんか」

 

ということを改めて考えさせてくれます。

 

 

本書を読んでいると"他責"について冷静に分析しながら、

実は自分が知らず知らず他責に陥っているということに気付かされます。

 

今までの人生を振り返って、なにか心の奥底をえぐられる感じを覚えました。

 

 

本書では「箱」に入った状態から抜け出すにはどうしたらいいのか、

また逆に向き合う相手が「箱」に入っているときにはどうしたらいいのか、

といったことについて分かりやすくヒントを与えてくれます。

 

 

この「箱」の存在を意識できるだけで、人への接し方が変わり、

その結果人間関係も大きく変わってくると思います。

 

 

人間関係で壁にぶつかったとき、今自分は箱の中に入っていないのか、

一度立ち止まって考える習慣をつけてみよう、と素直に思いました。

 

 

「自分の人間としてのあり方」を見つめなおすきっかけになる本だと感じました。

 

SHARE:
CATEGORY:
研究員の徒然なるままに
前の記事
働く動機
次の記事
市場価値

ABOUT

リージョナルキャリア東北
「リージョナルキャリア宮城」は、リージョンズ株式会社が運営する、宮城での転職をお考えの方々のための転職支援サイトです。今後のキャリア・転職についてのご相談や、ご希望に合わせた求人情報のご紹介を通して、転職のお手伝いをいたします。

リージョナルキャリア宮城

STAFF

福澤 謙二郎研究員

福澤 謙二郎研究員
リージョナル転職、北海道内での転職を得意とするコンサルタントの集団です!

渡辺 康二郎研究員

渡辺 康二郎研究員
リージョンズ東北カンパニー長。東北の人と企業の成長に貢献すべく日々真剣に、泥臭く、走り回っています。

大石 豊研究員

大石 豊研究員
山形出身、大学は福島、就職は仙台、北陸・関東への転勤を経てUターン、の生粋の東北人です!

古川 志穂研究員

古川 志穂研究員
皆さんの悩みや不安を解消し、ポジティブに転職活動を進めていく為のお手伝いをさせて頂きます。

坂本研究員

坂本研究員
生まれも育ちも宮城県!毎年、東北温泉巡りをしている坂本が、東北のステキ情報を発信します。

菅原 大研究員

菅原 大研究員
宮城県出身の東北人。リージョンンズを通じて東北の人と企業を盛り上ために日々走り回っています

奥山研究員

奥山研究員
食いしん坊な仙台人。宮城を楽しむ情報をお届けします!

RECENT

ARCHIVE

CATEGORY

RSS FEED