2013/02/ 6Wed

「書」を読む
by 渡辺 康二郎研究員

『人間通』/谷沢栄一著/新潮社/

 

人間通.jpgのサムネイル画像

 

著者は関西大学名誉教授、また書評家として多方面で活躍された谷沢栄一氏。本書は
著者自らの経験に基づいた「人間」に対する鋭い洞察を展開したものです。

辛口の評論で知られた著者らしく、内容はシニカルで痛烈です。
例えば"嫉妬"という項の「人間性をとことん煮詰め煎じつめたら最後にどす黒い嫉
妬の塊が残る」や"見せびらかし"という項の「人間は息を引き取るまで生涯をかけ
て私を認めてくれ、私を認めてくれと、声なき声で叫び続ける可憐な生き物なのだ」
といった表現には、目を背けたくなるような人間の一面がありありと写されています。

本書のタイトルである『人間通』について、著者は「他人の気持ちを的確に理解でき
る人」と言い表します。シンプルな表現ですが、たいへん難しいことで、およそ人の
悩みの発端の多くは、他人の気持ちを的確に理解できないことから生じているのでは
ないかと思ってしまいます。

はじめて管理職に登用された人が犯しやすい失敗に「部下に理想を求めすぎる」こと
や「理詰めで人を動かそうとする」ことがあります。高業績プレイヤーであった人ほ
ど陥りやすい誤りで、たいてい、思う通りに組織が動かず、挫折を味わうことになり
ます。人の心は理屈では捉えることができませんし、人の心を理想像にはめ込むこと
もできません。だからこそ難しいと感じます。

私は人の心の根本は美しいものであると信じていますし、実際に自分を犠牲にして他
者を助けようと努力する人が私の周りにもたくさんいます。しかし、一方で人間には
生まれながらにして欲望や感情が備わっており、それがために傷つけあったり憎しみ
あったりすることもあるのだろうと思います。

本書を読み、一番に感じたのは、リーダーは人間の美しさと醜さの両面を理解しなけ
ればならないということです。『論語』を読むとき、そこに表わされている人として
の理想を学び追求するとともに、『荀子』や『韓非子』も併せ読み、人間社会の生臭
い一面もまた学びとらなければならないと、教えていただいたことがあります。本書
はまさにその人間の生臭い一面を洞察したものです。

また一方で、本書からは、シニカルな表現の中にも著者の深い人間愛を感じとること
ができます。人間は、かくも醜い面を持っているがゆえに愛しいのだというメッセー
ジが、言葉の節々や行間に表されています。

真に人を信じ、真に人を愛すためには、多面的に人間を見なければならない、そう気
付かされるとともに、著者の鋭い洞察から多くの学びを得ることのできる一冊でした。

                                (渡辺)

SHARE:
CATEGORY:
研究員の徒然なるままに
前の記事
良い会社とは?
次の記事
待ちに待った春

ABOUT

リージョナルキャリア東北
「リージョナルキャリア宮城」は、リージョンズ株式会社が運営する、宮城での転職をお考えの方々のための転職支援サイトです。今後のキャリア・転職についてのご相談や、ご希望に合わせた求人情報のご紹介を通して、転職のお手伝いをいたします。

リージョナルキャリア宮城

STAFF

福澤 謙二郎研究員

福澤 謙二郎研究員
リージョナル転職、北海道内での転職を得意とするコンサルタントの集団です!

渡辺 康二郎研究員

渡辺 康二郎研究員
リージョンズ東北カンパニー長。東北の人と企業の成長に貢献すべく日々真剣に、泥臭く、走り回っています。

大石 豊研究員

大石 豊研究員
山形出身、大学は福島、就職は仙台、北陸・関東への転勤を経てUターン、の生粋の東北人です!

古川 志穂研究員

古川 志穂研究員
皆さんの悩みや不安を解消し、ポジティブに転職活動を進めていく為のお手伝いをさせて頂きます。

坂本研究員

坂本研究員
生まれも育ちも宮城県!毎年、東北温泉巡りをしている坂本が、東北のステキ情報を発信します。

菅原 大研究員

菅原 大研究員
宮城県出身の東北人。リージョンンズを通じて東北の人と企業を盛り上ために日々走り回っています

奥山研究員

奥山研究員
食いしん坊な仙台人。宮城を楽しむ情報をお届けします!

RECENT

ARCHIVE

CATEGORY

RSS FEED