2013/05/ 9Thu

「書」を読む
by 渡辺 康二郎研究員

『素直な心になるために』 松下幸之助著 PHP研究所


春になりました。この時期の空気は気持ちに何か新たなエネルギーを与えてくれるよう

な気がします。街を行く新入社員の初々しい姿を眺めつつ、初心を振り返ることもまた

多い時節です。

 

そのような時期だからこそ「素直な心」を明らかにしたこの書を読みたくなりました。

 

松下幸之助翁は言います。

「素直な心とはどういう心であるのかと言いますと、それは単に人に逆らわず、従順で

あるというようなことだけではありません。むしろ本当の意味の素直さというものは、

力強く、積極的な内容を持つものだと思います。」

 

さらに「私心なくくもりのない心」「一つのことにとらわれずに物事をあるがままに見

ようとする心」であり「心理をつかむ働きのある心」「物事の真実を見きわめて適応す

る心」であるとし、具体的に次の十カ条を示し「素直な心」を定義していきます。

 

 ・私心にとらわれない

 ・耳を傾ける

 ・寛容

 ・実相が見える

 ・道理を知る

 ・すべてに学ぶ心

 ・融通無碍

 ・平常心

 ・価値を知る

 ・広い愛の心

 

日頃「素直でありたい」や「素直になりなさい」というときに、その意味は人それぞれ

に違っていることの方が多いかも知れません。特に経営者の言う"素直さ"と新入社員

の受け取る"素直さ"はずいぶん意味が違うこともあるのではないでしょうか。

 

幸之助翁の言葉を借りれば、

「東の方向に進みなさいと言われても、どちらが東なのかわからなければ、見当違いの

方向へ進んでもいきかねない」、つまり素直さとは何かが分からず、素直になりたいと

思っても見当違いな取り組みをしてしまっている、といった状況が少なからずあるので

はないかいうことです。

 

この本には、生涯「素直な心」を追求し続けた方だからこその明快な定義がされており

素直であることの意義や素直な心を養うための実践十カ条まで示されています。

 

春から新入社員を迎えられた企業も多いことと思います。新人時代というのは、職業人

生の中でも特に重要な時期です。入社から3年程度の間に、その後の仕事に取り組む姿

勢が培われ長い職業人生の基盤ができあがると言われています。「素直な心」は真に人

が成長するための前提条件であり、新人時代に「素直な心」を養うことは、知識や技術

の習得以上に大切です。

 

私自身も、"一生新人"の思いで、この「素直な心」を涵養していきたいと思います。

SHARE:
CATEGORY:

ABOUT

リージョナルキャリア東北
「リージョナルキャリア宮城」は、リージョンズ株式会社が運営する、宮城での転職をお考えの方々のための転職支援サイトです。今後のキャリア・転職についてのご相談や、ご希望に合わせた求人情報のご紹介を通して、転職のお手伝いをいたします。

リージョナルキャリア宮城

STAFF

福澤 謙二郎研究員

福澤 謙二郎研究員
リージョナル転職、北海道内での転職を得意とするコンサルタントの集団です!

渡辺 康二郎研究員

渡辺 康二郎研究員
リージョンズ東北カンパニー長。東北の人と企業の成長に貢献すべく日々真剣に、泥臭く、走り回っています。

大石 豊研究員

大石 豊研究員
山形出身、大学は福島、就職は仙台、北陸・関東への転勤を経てUターン、の生粋の東北人です!

古川 志穂研究員

古川 志穂研究員
皆さんの悩みや不安を解消し、ポジティブに転職活動を進めていく為のお手伝いをさせて頂きます。

坂本研究員

坂本研究員
生まれも育ちも宮城県!毎年、東北温泉巡りをしている坂本が、東北のステキ情報を発信します。

菅原 大研究員

菅原 大研究員
宮城県出身の東北人。リージョンンズを通じて東北の人と企業を盛り上ために日々走り回っています

奥山研究員

奥山研究員
食いしん坊な仙台人。宮城を楽しむ情報をお届けします!

RECENT

ARCHIVE

CATEGORY

RSS FEED