2014/04/30Wed

書を読む
by 古川 志穂研究員

こんにちは。

宮城県・仙台の転職エージェント リージョンズのキャリアコンサルタントの古川です。


さて、今回は最近読んだ本

『ビジネスで一番大切なしつもん』(松田充弘著 日経BP社)

をご紹介したいと思います。

 

「いい質問(=しつもん)は、あなたが思っている以上に、あなたの思考や生き方に

大きな影響を与えます。なぜなら、人は誰でも無意識のうちに、数多くの質問を自分に

投げかけながら生活しており、その質問のクオリティー次第で、人生や仕事の充実感

が変わっていくからです。」(本文抜粋)

 

「良き問い」とは何かを知りたいと思っているときに、この一文に、深く共感し、読み

始めました。本書の内容は、質問を6種類に分類することから始まります。あいさつ質

問、疑問、クイズ、命令質問、尋問そして「しつもん」。本書では、良質の質問がひら

がな表記で「しつもん」と表現され、他の質問と区別されています。相手のため(利他

的)、自分のため(利己的)かを指標にすると、良質の質問(しつもん)とあいさつ質

問は利他的、それ以外の質問は利己的な質問になります。

 

この「しつもん」をどうおこなっていけばいいのかが本書のテーマです。

 

しつもんは、投げかけることにより、その人に気づきが生まれ、行動が変わることを目

指します。本書で使う「しつもん力」とは、自分が知りたいことを聞き出す力という意

味ではありません。定義としては、・相手の思いを引き出す力・相手の行動を引き出す

力を言います。相手にしつもんするときは、相手の中に必ず答えがあり、それに気づく

きっかけをつくるつもりで臨まなければなりません。

 

「問い」は、人生においてとても重要なものなのではないか、と最近考えています。

 

良いしつもんが、良い考えを生み、そして良い人生に繋がると信じ、

「しつもん」にはとことんこだわっていきたいと思っています。


転職をお考えの方はまずはこちらからエントリー下さい

http://rs-miyagi.net/entry/


SHARE:
CATEGORY:
書を読む
前の記事
観光地としての札幌
次の記事
1mm

ABOUT

リージョナルキャリア東北
「リージョナルキャリア宮城」は、リージョンズ株式会社が運営する、宮城での転職をお考えの方々のための転職支援サイトです。今後のキャリア・転職についてのご相談や、ご希望に合わせた求人情報のご紹介を通して、転職のお手伝いをいたします。

リージョナルキャリア宮城

STAFF

福澤 謙二郎研究員

福澤 謙二郎研究員
リージョナル転職、北海道内での転職を得意とするコンサルタントの集団です!

渡辺 康二郎研究員

渡辺 康二郎研究員
リージョンズ東北カンパニー長。東北の人と企業の成長に貢献すべく日々真剣に、泥臭く、走り回っています。

大石 豊研究員

大石 豊研究員
山形出身、大学は福島、就職は仙台、北陸・関東への転勤を経てUターン、の生粋の東北人です!

古川 志穂研究員

古川 志穂研究員
皆さんの悩みや不安を解消し、ポジティブに転職活動を進めていく為のお手伝いをさせて頂きます。

坂本研究員

坂本研究員
生まれも育ちも宮城県!毎年、東北温泉巡りをしている坂本が、東北のステキ情報を発信します。

菅原 大研究員

菅原 大研究員
宮城県出身の東北人。リージョンンズを通じて東北の人と企業を盛り上ために日々走り回っています

奥山研究員

奥山研究員
食いしん坊な仙台人。宮城を楽しむ情報をお届けします!

RECENT

ARCHIVE

CATEGORY

RSS FEED