転職サポート事例

CASE 11

個人事業主/飲食店

個人事業主として学生時代から起業を経験されている方でした。卒業後も経営に携わり、一時期は複数店舗を構えるまでに事業を成長させていました。しかし、競合店の仙台進出に合わせて売り上げが減少。事業継続が難しい状況となり、やむを得ず事業閉鎖、転職活動に踏み切りました。

仙台支店の支店長候補/建設資材商社

前職での経験から、「事業の中心に携わりたい」という想いを強くお持ちでした。そのため、仙台で次期支店長候補を探されている企業の求人をご紹介させて頂きました。将来的に仙台支店の経営・事業全般を任せたいという内容であり、ご本人にぴったりの求人と思いました。無事内定を獲得され、現在は持ち前の明るさを発揮しつつ、営業兼支店長候補として忙しい毎日を過ごされています。

担当コンサルタント

地域に根差した企業と転職者の価値のある出会いを実現させる。そのために、全力を尽くします。

リージョナルスタイル認定 コンサルタント

菅原 大 Sugawara Dai

CASE 10

教室運営管理者/学習塾

大手鉄鋼会社を退職後、学習塾にて講師・教室管理を担当。生徒募集・保護者対応・教材の管理・授業進行など幅広く手掛けてきた。社内の評価体制やキャリアプランに不安があり転職を希望。

教室運営管理者/学習塾

学習塾の教室運営管理者として営業成績・指導成績とも高い水準の目標をクリアしてきた方でした。そのため、今までのご経歴を活かせるという点と、多様なキャリアプランが描けるという点から、同業界・同職種の求人で、成長・拡大中の企業をご紹介させて頂きました。面接でも仕事熱心な姿勢と熱意が企業側から高く評価され、数回にわたる面接の後、無事に内定となりました。現在は新規エリアのブロック長としてご活躍なさっています。

担当コンサルタント

宮城・仙台には無限の可能性がある。鍛え抜いた実力を地元企業で活かしてみませんか。

リージョナルスタイル認定 チーフコンサルタント

渡辺 康二郎 Watanabe Koujirou

CASE 9

総務/電子機器製造

電子機器製造会社で総務業務・主に安全衛生・ファシリティを担当。新工場の総務部門立ち上げにも携わる。もともと30歳までに地元である宮城へのUターンを計画しており、業務が落ち着いたタイミングで転職を決意。

総務兼営業/通信工事業

新工場設立にあたっての総務部門立ち上げなど外部や関連各部署との折衝が必要な業務を経験しており、また総務という枠にとらわれずにマルチに仕事を進めていく力を持った方だと感じていました。その力を活かせる場所として従業員50名以下の中小企業で総務だけではなく営業など事業づくりそのものに関わっていく会社をご紹介しました。現在は総務兼営業として、社内の各種規定や制度の整備、ファシリティ管理から、官公庁等外部との折衝業務まで、文字通り幅広い活躍をなさっています。

担当コンサルタント

宮城・仙台には無限の可能性がある。鍛え抜いた実力を地元企業で活かしてみませんか。

リージョナルスタイル認定 チーフコンサルタント

渡辺 康二郎 Watanabe Koujirou

CASE 8

設計アシスタント/オフィス設計

オフィス設計会社でレイアウト設計アシスタントに従事。オフィス、福祉施設、病院、学校などの、家具レイアウトから内装デザイン、提案書作成を担当。専門知識を高めたい、責任ある仕事を任せて貰えるような力を付けたいという思いが強くなり、転職を決意されました。

営業・設計/土木・建築工事業

CADで作成された図面を見てCADソフトに興味を持ち、キャリアチェンジのため、1社目を退職後、専門学校で建築CADを学ばれ、設備設計会社と建設コンサルタントにてCADオペレータ、オフィス設計会社でレイアウト設計と多くの経験を積んできました。現職の選考中に提出されたプレゼン作品のクオリティの高さに驚いたことを覚えています。現在は住宅部門にて、営業・設計職に従事。即戦力ではありませんでしたが、仕事熱心で真面目なお人柄と熱意が勝ち取った内定だったと思います。大好きなCADをさくさく使いこなし、溢れる向上心・探究心が周囲に良い刺激を与えていらっしゃるようです。

担当コンサルタント

地元で頑張っている企業と地元で働きたい転職希望者が、お互いに幸せになれるような架け橋になりたい。

リージョナルスタイル認定 チーフコンサルタント

古川 志穂 Furukawa Shiho

CASE 7

ホテル開発・運営・事業再生/ホテル業

不動産関連企業にお勤めの後、30代前半に仲間とともに企業。艱難辛苦を経て、常務取締役として転職直前には売上90億、従業員規模1000名の規模まで育て上げる。独自スキームでビジネスホテル再生に関わる事業に数多く関わられる中、福島県で大震災を経験。ご本人の強い想いがあり、被災地の企業再生の業務に携わるために退職を決意。

経営コンサルタント/会計事務所

経営・管理以外の業務部門を統括する常務取締役として、ホテルを中心とした経営再建に係わって来られた方ですが、不動産、ITシステム、内部監査、財務、業務改善、営業活動、と実務レベルの守備範囲が広く、引出しも抱負な経験をお持ちの方でした。また地域の企業の本質的な経営改善にかかわりたい、という強いお気持ちをお持ちでしたので、実現できる場所として幅広く地域経済を支えておられる会計事務所さんをご紹介。実務レベルと明るく謙虚な人柄を評価頂き、ご縁を作ることが出来ました。

担当コンサルタント

地域を想うエネルギーを持った個人が乗り越えられない障害は絶対にない、私はそう信じています。

リージョナルスタイル認定 チーフコンサルタント

大石 豊 Oishi Yutaka

CASE 6

構造設計・現場監督/設計事務所

建築物の構造設計、耐震診断業務に従事。RC造・S造・WRC造及び免震構造など幅広い工法の構造設計及び現場監理を経験、社内基準の統一を図る責任者として、特記仕様書・基準図の作成担当していた。ご両親の年齢を考え、Uターンを決意。

構造設計/建設コンサルタント

構造建築事務所にて、マンションやビルの設計に15年以上従事されてきた方です。男性と方を並べて仕事に打ち込み、経験の蓄積があってこその自信をお持ちの方でした。現状に満足せずに学び続け、仕事に没頭してきた方でしたので、ご紹介先は今までとは異なる分野での設計職でしたが、自信を持ってお勧めしました。社長面接終了後「この会社なら、自分にしかない技術を身に付けることが出来そうだし、社員を大事にしてくれる会社と感じました。お世話になることに決めました!」の言葉にパワフルさを感じ印象に残っています。今では、すっかり会社に馴染み、イキイキと活躍されています。

担当コンサルタント

地元で頑張っている企業と地元で働きたい転職希望者が、お互いに幸せになれるような架け橋になりたい。

リージョナルスタイル認定 チーフコンサルタント

古川 志穂 Furukawa Shiho

CASE 5

経理/東証一部上場会社

管理部門にて上場のプロジェクトを担い、IPO知見が全くない中でゼロから知識を吸収し、東証一部上場を果たす。出身の地である、震災後の東北で腰を据えてこれまでの経験を活かし貢献したい、という想いで転職を決意。

経理/商社

前職までの得がたい経歴もさることながら、ご本人の本来の持ち味は「楽しみ上手な」パーソナリティー。転職後は、未経験だった営業部門での実務経験を経た後に、管理部門に異動し、生来の明るい性格とコミュニケーションで、現職の会長や社長、同僚の方々を巻き込みながら事業推進の中核を担うお仕事をされています。

担当コンサルタント

地域を想うエネルギーを持った個人が乗り越えられない障害は絶対にない、私はそう信じています。

リージョナルスタイル認定 チーフコンサルタント

大石 豊 Oishi Yutaka

CASE 4

インフラ・ネットワーク設計/情報通信業

入社してから約8年、他社に常駐し通信技術者として主にインフラ・ネットワークの設計・ネットワーク機器の設定に従事。作業責任者として作業現場をけん引。自身も手を動かしながらメンバーの育成を行い、チームとしての業務の幅を広げる努力をしてきた。今までの知識、経験を活かし、自社のために提案、改善ができる環境を求め転職を決意。

社内システム企画/総合石材事業会社

地元で多様なビジネスを展開するグループ企業の中核企業で、社内システム企画のポジションで内定を得られました。事業を拡大していくために、業務の効率化、管理体制の強化を目指し、グループ企業各社のシステム構築を推進するのがミッションです。新しく設置されたポジションで、持ち前のフットワークの軽さで各社を飛び回り、また、コミュニケーションスキルを活かし、様々な部署と協力し合いながら仕事に打ち込まれています。先日お会いした際のイキイキと働く姿が印象的でした。

担当コンサルタント

地元で頑張っている企業と地元で働きたい転職希望者が、お互いに幸せになれるような架け橋になりたい。

リージョナルスタイル認定 チーフコンサルタント

古川 志穂 Furukawa Shiho

CASE 3

飲食店 店長/老舗旅館

フロント~クリーンサービス~宴会担当と幅広く業務を経験した後、リニューアルOPENした旅館内の飲食店の店長業務、併せて「内務(ルームメイクや会場設営など)」の係長を担当。飲食店については、企画構想段階から参加し、メニューや施設のしつらえまで、他部門と共同しコンセプト作りの主導的な役割を担った。ご家庭の事情からUターン(関東から東北へ)を決意。

旅館業 飲食部門管理職候補

地元で歴史を有する温泉街にある旅館さんで、飲食部門を束ねるポジションへの入社が決まっています。選考プロセスにおいて、決定施設の支配人の方と、スタッフ教育のあり方や、ホテルサービスのあり方、など考え方に相通じる部分を多く共有できたおかげで、相互に勤務イメージを理解し合える結果となり、晴れてUターンを決定されています。その意味では、転職者さん本人が、これまで現場で培われたご経験がストレートに奏功した事例だったと感じています。

担当コンサルタント

地域を想うエネルギーを持った個人が乗り越えられない障害は絶対にない、私はそう信じています。

リージョナルスタイル認定 チーフコンサルタント

大石 豊 Oishi Yutaka

CASE 2

法人営業/中堅飼料メーカー

前職では中堅飼料メーカーの営業として活躍。持ち前の「人懐っこさ」を武器に着実に営業成績を伸ばし、キャリアをステップアップさせてきた方でした。しかし、従業員を大事にしない経営方針や、トップが短いスパンで変わっていく企業体質に疑問を持ち、より社員に寄り添い尊敬できる経営者のもとで働きたいとのお考えから、転職を決意されました。

法人営業/地方中堅商社

地場の中堅商社の営業職のポジションを紹介し、内定を得られました。従業員を大事にしている経営トップの考え方に惹かれ、得られた内定に対して受諾を即決されたのが印象に残っています。また、ご本人が営業として大事にしてきた価値観や企業としての理想を面接の際に社長と直で話せたことも背中を押した要因の一つのようでした。現在は持ち前の武器を存分に奮いながら新しい環境でご活躍なさっています。

担当コンサルタント

地域に根差した企業と転職者の価値のある出会いを実現させる。そのために、全力を尽くします。

リージョナルスタイル認定 コンサルタント

菅原 大 Sugawara Dai

ページの先頭へ

展開拠点

求人検索

地域で探す
業種で探す
職種で探す
面談会情報を探す
転職ノウハウコンテンツ
リージョナルキャリア宮城