リージョナルHERO

暮らしたい場所へのリージョナル転職を成功させたHERO

宮城へのリージョナル転職を見事実現された候補者の大西 貴志さん(仮名)にインタビューしました。

「家族のため」に決めたUターン。でも自分にとっても「すべてがよかった!」

大西 貴志さん(仮名)は、宮城県出身。だが東京の大学に進学し、そのまま東京で就職した。会社は、業界最大手の青果品卸商社。仕事も面白く、「地元に帰ることなんて全く考えていなかった」という。変化が生まれたきっかけは、子どもの誕生だった。同郷の妻から「地元で子育てをしたい」といわれ、初めてUターンを考え始めたが、気になったのはやっぱり仕事。「はたして地元にやりがいを持てる仕事があるのか?」。でも、リージョンズに紹介された会社が、本気にさせてくれた。今、「転職して、すべてがよかった」と話す大西さん。その充実した表情は、この転職が家族のためだけでなく、自分自身のためにもなったことを物語っている。

- プロフィールタカラ米穀株式会社 大西 貴志さん(仮名) 28歳/大学卒
- 転職活動【転職回数】1回【転職期間】エントリーから内定まで68日間

転職前の職業・転職後の職業

職業 営業 職業 法人営業
業界 青果物卸売市場 業界 米穀専門商社
仕事内容 青果物卸売に関わる業務(全国の産地からの仕入れ、販売) 仕事内容 県内の量販店や外食店を対象に、お米の販売を担当。

1自分たちだけでは教えられないものが、地元にはある。

現在のお仕事はどんな内容ですか。

宮城県に本社がある米穀専門の商社で営業をしています。私の担当は宮城県。県内の量販店や外食店を対象に、お米を販売しています。

入社前のご経歴を教えて下さい。

農業関係の大学を卒業後、東京にある青果専門の卸会社に就職。1年目からキュウリを担当し、全国の産地からの仕入れや、量販店その他のユーザーへの販売をしていました。

転職を考えるようになった理由は?

子どもが生まれたことですね。25歳のときに、幼なじみと結婚。でも最初は、地元へ帰ろうなんて全く考えてなかったんです。しかし子どもができてから、変わりました。親も「帰ってこい」というようになったし、自分たちも「地元で子どもを育てられたら」と思うようになりました。特に妻の気持ちは強かったです。東京には頼れる人もいませんでしたし、僕も休みがほとんどない状態。妻はいつも子どもと二人きりだったんです。1人だと、逃げ場がないですからね。ただ僕としては、悩みました。仕事は面白かったですから。それでも家族のことを考えたら、宮城へ帰るほうがメリットが大きいと結論を出しました。教育は東京も発達していますが、宮城へ帰れば、私たちの両親と一緒に子育てができます。人間的なつながりなど、私たちだけでは教えられないものも、教えることができる。それがきっと子どものためになると思いました。

転職活動はどのように進めましたか?

とはいえ、地元に本当にやりがいの持てる仕事があるのか、不安もありました。ですから最初は働きながら、「いいところがあれば」というくらいの軽い気持ちで転職サイトに登録したんです。そうしたらたまたまリージョンズから、今の会社を紹介してもらいました。それからですね、転職を真剣に検討するようになったのは。宮城で2度面接をして、入社が決まったんですが、とてもスムーズでした。サイトに登録してから、2、3ヶ月後には今の会社に入社したのではないでしょうか。

今の会社に決めたポイントは?

働くなら次の会社も食品関係か農業関係と思っていました。また、祖父がコメ農家だったので、小さい頃からコメに慣れ親しんでいたことも大きかったですね。また、会社の情報、特に社内の雰囲気や詳しい業務内容など、入ってみないとわからないことを人材紹介会社から事前に教えてもらい、「面白そうだな」と思えたことが決め手になりました。

2父の笑顔を見てしみじみ実感。「地元に帰ってよかった!」

転職していかがでしたか?

ひと言でいうと、すべてよかったと思います。まずは仕事のやりがいですね。同じ農産物を扱う仕事でも、品目が違えば、覚えることがたくさんあります。違う刺激があって、日々充実しています。また、もともと食べ物を扱うのは、強い使命感を感じる仕事。そのなかでもコメは日本人の主食ですからね。生きていくために必要なものを扱える今の仕事に、誇りとやりがいを感じています。

生活面でのよかったことは?

計画的に休めるようになりました。前の会社は休みがなかったんですよ。市場が休みでも荷物は来るので、仕事に行ってましたから。今はだいたい週に2日ほど休みがとれています。計算できる休みがあるので家族と過ごす時間が増えました。妻もすごく喜んでいます。気持ちが軽くなったようですね。近所には妻の兄夫婦も住んでいますし。

休日の過ごし方は?

近くの公園に子どもと遊びに行ったり、家族と買い物に出かけたり。他愛ないことですが、東京時代には全くできないことでしたから、すごく新鮮です。実家へも車で1時間弱。ドライブがてらよく里帰りしていますし、両親が来ることもあります。地元に戻ってみて驚いたのは、想像以上に両親が喜んでいること。特に父が、びっくりするくらい喜んでいます(笑)。普段は感情を表情に出さない人なだけに、父のうれしそうな笑顔を見ると、「戻ってよかったな」としみじみ思いますね。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

やりたいことをちゃんと見つけておくことが大事なのかなと思います。転職サイトに登録すると、いろんな会社からメールがどんどん来るようになります。今まで知らなかった会社や仕事の情報がもらえて興味深いんですが、逆に情報がいっぱいありすぎて、迷ってしまうんですよ。僕の場合は、自分のやりたい仕事がはっきりしていたから、すんなり決めることができたと思います。それから、人材紹介会社の活用もおすすめです。各県ごとに人材紹介会社があることを今回初めて知りましたが、県内の企業や求人の詳しい情報を持っているし、質問すれば調べて教えてくれたので、すごく助かりました。


コンサルタントの紹介へ

リージョンズ株式会社 渡辺 康二郎

最初にご連絡差し上げた際にはお忙しく「なかなか休みがとれない」という状況の中、青果市場の近くの駅で待ち合わせをし、お話を伺いしました。ざっくばらんなお人柄と、学生時代に実習でお世話になった農家の方と今でも家族ぐるみで付き合いがあるという「人懐っこさ」に惹かれました。ご紹介した仕事はこれまでの経験がストレートに活かせるものではありませんでしたし、企業側から依頼されていた要望とはやや異なっていたのですが、この対人対応力とお人柄があれば絶対に活躍できると思い、企業に強く推薦しました。案の定、面接から内定まではトントンと進み無事、宮城へのUターン転職のお手伝いができました。新しい職場にすぐに馴染んでイキイキと活躍されている姿を拝見し本当に嬉しく思います。

専門のキャリアコンサルタントがあなたの転職活動を無料でサポート!

エントリー いますぐ転職をお考えの方へ! プレエントリー いつかは転職とお考えの方へ!

ページの先頭へ

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
仙台市 石巻市 塩竈市 気仙沼市 白石市 名取市 角田市 多賀城市 岩沼市 登米市 栗原市 東松島市 大崎市 刈田郡 柴田郡 伊具郡 亘理郡 宮城郡 黒川郡 加美郡 遠田郡 牡鹿郡 本吉郡
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
面談会情報を探す