2015/06/24Wed

書を読む
by 古川 志穂研究員

こんにちは。

宮城県・仙台の転職コンサルティング会社 リージョンズ キャリアコンサルタントの古川です。

宮城も今週末あたりには梅雨入りのようですね。この時期は1年で一番体調を崩しやすいとも言われています。みなさん、体調管理にはお気を付けください。

さて、今回は最近読んだ本、

『目に見えないけれど、人生でいちばん大切なこと』(木村秋則・鍵山秀三郎著 PHP研究所)をご紹介します。

人生は落し物といっしょ。探している時には見えなくて、あきらめかけた頃、ひょいと見つかるんです。(木村秋則)

大切なのは、答えがあると信じて、探し続けること。笑われてもいい、失敗してもいい、努力をやめない生き方です。(鍵山秀三郎)

この一冊は、目に見えないものへのこだわりを追求した、イエローハット創業者で日本を美しくする会相談役の鍵山秀三郎氏と、「奇跡のリンゴ」の木村秋則氏の対談集です。

各章末にあるお二人の言葉では、

・自分が信じる「答え」を求めて大切だと信じ、諦めずに努力を積み重ねることで、人生の答えは見つかる。

・生きるうえで、悩んだとき、苦難に出会ったとき、その答えはいつも足元にある。

と教えてくれます。

無農薬の自然農法のリンゴを栽培する木村氏にとって一番大切なものは「土」。つい幹や葉などの表面ばかりに目が向きがちですが、それを支えているのは見えない部分の根っこであり、土壌に手を尽くすことが、「奇跡のリンゴ」を生み出すうえで重要でした。その考え方は鍵山氏とも共通しています。会社経営をしていく中で、鍵山氏にとって一番大切なのは、「社員の心」と「社風」。人間が成長するためには、その土壌とも言える身を置く環境を整えることが大切であり、掃除を実践することを通じて、人間性の成長に繋がります。

本書の中で鍵山氏は掃除について「水一滴の努力」と言っています。「プールに水一滴たらしても見た目には何も変わりません。でも間違いなく一滴分増えているはず。自分には特別な才能などありはしない。だから水一滴のような努力を積み重ねるしかないのだと。私のような人間は、掃除のように誰にでもできる平凡なことを徹底してやるしかないのです。」

弊社でも毎朝全員で掃除を行っています。掃除の実践は心を整えてくれます。その心が、今まで気づかなかった汚れがあることに気づかせてくれます。人間として当たり前のことを毎日やり続けることができる会社であることが大切だと思っています。

私が毎朝やり続けていることがあります。それは「空気の入れ換え」。何でもないことなのですが、会社に出社して一番に窓を開け、昨日までの空気を全て外に出します。そして新鮮な空気をオフィス全体に取り込みます。昼でも夜でもなく、朝の空気を取り入れることで気持ちの良い1日が始まります。

これからも自分の心を磨くことに繋がる掃除、空気の入れ換えを徹底してやり続けていきたいと思っています。

転職をお考えの方はまずこちらからエントリーください。

https://rs-miyagi.net/entry/

SHARE:
CATEGORY:
書を読む

ABOUT

リージョナルキャリア東北
「リージョナルキャリア宮城」は、リージョンズ株式会社が運営する、宮城での転職をお考えの方々のための転職支援サイトです。今後のキャリア・転職についてのご相談や、ご希望に合わせた求人情報のご紹介を通して、転職のお手伝いをいたします。

リージョナルキャリア宮城

STAFF

福澤 謙二郎研究員

福澤 謙二郎研究員
リージョナル転職、北海道内での転職を得意とするコンサルタントの集団です!

大石 豊研究員

大石 豊研究員
山形出身、大学は福島、就職は仙台、北陸・関東への転勤を経てUターン、の生粋の東北人です!

坂本研究員

坂本研究員
生まれも育ちも宮城県!毎年、東北温泉巡りをしている坂本が、東北のステキ情報を発信します。

菅原 大研究員

菅原 大研究員
宮城県出身の東北人。リージョンンズを通じて東北の人と企業を盛り上ために日々走り回っています

奥山研究員

奥山研究員
食いしん坊な仙台人。宮城を楽しむ情報をお届けします!

RECENT

ARCHIVE

CATEGORY

RSS FEED