2017/11/29Wed

『なぜ、はたらくのか 94歳・女性理容師の遺言』
by 古川 志穂研究員

こんにちは。キャリアコンサルタントの古川です。

さて、今回は『なぜ、はたらくのか 94歳・女性理容師の遺言』

(加藤寿賀著 主婦の友社)をご紹介したいと思います。


著者は、94歳で亡くなるまで働き続けた女性の理容師です。有名人でもなく新橋の

ガード下の理容店で働いていた方です。

『なぜ、はたらくのか』とありますが、戦中、戦後、命を削って79年という途方も

ない時間を働いてきた著者の「はたらく」ことへの向き合い方が語られ、仕事論だ

けではなく、いかに生きるべきかという人生論が書かれています。

本書の中で語られている言葉は、どれも人生に根ざした深く示唆に富む言葉ばかり

で、全編を通じて、厳しくも温かい言葉で叱咤激励されている感覚になります。


その中から、著者が「はたらく」ことの意味について語った一節をご紹介します。


『人間はなぜ、はたらかなくてはいけないか?

それは「端(はた)を楽にさせる」ためなんです。

つまり、「はたをらく」に、で「はたらく」。

周りの人たちを楽にさせる、楽しませるためにはたらくということ。

自分のためでなく、人のため。人間として、はたらかないと、人生何の意味もないの

です。』


「なぜ、働くのか」の質問に対して、「生活していくためにお金が必要だから」と答

える人が多いのではないでしょうか。確かにその通りですし、否定もしません。しか

し、人の役に立っている、ありがとうの言葉を貰えて嬉しい。そういう自分以外の誰

かのためになっている、世の中の役に立っている。そう実感できることが、必要なの

ではないかと思います。

他にも、「自分の身についたものは自分を裏切らない」「瞬間、瞬間を真剣勝負で生

きなさい」などの言葉から、仕事に対する根本的な姿勢を改めて考えるきっかけをい

ただきました。


「うるさいバァさんの説教がたまに聞きたくなるんだよね」

本書帯のビートたけし氏のコメントです。


弊社は月に一度「社内木鶏会」という勉強会を開催しています。致知出版社が発行す

る人間学を学ぶ月刊誌「致知」の推薦箇所を全員が読み感想文にまとめ、いくつかの

チームに分かれ感想を聞き、美点凝視でお互いに感想を述べ合う勉強会です。先日の

テーマは「師と弟子」でした。ある対談の一節です。 


「苦言を呈する人を避けてはならない」


歳を重ねると、苦言を受ける機会が極端に少なく感じます。せっかくの言葉も、分か

っているけど素直に聞けないなど、否定から入ってしまうことがあります。自分の間

違いを指摘してくれる人がいるからこそ成長ができ、人生が豊かになるのだと心から

感じさせてくれた著者の言葉に感謝します。


転職相談エントリーはこちらから⇒https://rs-miyagi.net/entry/

コンサルタント情報https://rs-miyagi.net/consultant/index_03.html

SHARE:
CATEGORY:
書を読む

ABOUT

リージョナルキャリア東北
「リージョナルキャリア宮城」は、リージョンズ株式会社が運営する、宮城での転職をお考えの方々のための転職支援サイトです。今後のキャリア・転職についてのご相談や、ご希望に合わせた求人情報のご紹介を通して、転職のお手伝いをいたします。

リージョナルキャリア宮城

STAFF

福澤 謙二郎研究員

福澤 謙二郎研究員
リージョナル転職、北海道内での転職を得意とするコンサルタントの集団です!

大石 豊研究員

大石 豊研究員
山形出身、大学は福島、就職は仙台、北陸・関東への転勤を経てUターン、の生粋の東北人です!

坂本研究員

坂本研究員
生まれも育ちも宮城県!毎年、東北温泉巡りをしている坂本が、東北のステキ情報を発信します。

菅原 大研究員

菅原 大研究員
宮城県出身の東北人。リージョンンズを通じて東北の人と企業を盛り上ために日々走り回っています

奥山研究員

奥山研究員
食いしん坊な仙台人。宮城を楽しむ情報をお届けします!

RECENT

ARCHIVE

CATEGORY

RSS FEED