2018/02/28Wed

ダイアログとディスカッション
by 古川 志穂研究員

みなさまこんにちは。キャリアコンサルタントの古川です。


先日、キャリアカウンセリング協会主催の講座を受ける機会がありました。

資格認定後も継続して学習し、キャリアコンサルタントとして幅を広げ、スキルを深

めることを目的としています。今回は講座で勉強した「ダイアログ(対話)」につい

て書きたいと思います。


ダイアログ(対話)という言葉は、ディスカッション(議論)と比べて聞きなれない

単語だと思います。


ダイアログは、物事の意味を探求するための話し合いで、テーマに関して様々な角度

から意味を考える拡散型の会話です。会話の過程を通じて、自分を振り返り、お互い

の理解を深め、チームとしての共同思考を生み出していきます。

それに対してディスカッションは、一つの解答を目指して知識を寄せ合う収束型の話

し合い。お互いの主張をぶつけ合い、よりよい答えを見つけ出そうというものです。

チームの意思決定のための話し合いと言ってもよいかも知れません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【ダイアログ(対話)】

目的:意味や体験を分かち合い、枠組みを外し、発見し、共有化する

役割:お互いが尊重され、平等の立場にある

背景:問題が複雑で誰も答えが見えないとき。繰り返し同じ問題が発生していると

き。思考が固着し、抜け出せないとき

プロセス:なるべく時間を取って、各自の仮説を表面化し、判断を保留し、探求す

るための質問をし続ける


【ディスカッション(議論)】

目的:意見の正否、妥当性を競い、正否の判断を示し、一つの最適な解への同意を

得る

役割:知識、経験、権限がある者の発言が重んじられる

背景:選択肢が明白で、評価して最高のものを選ぶ必要があるとき

プロセス:なるべく短時間で、仮説を立証するために、主張し、説得し、妥協点

を見つける        

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ダイアログから得られるものは、お互いへの信頼・相互理解。それまで気づかなかっ

た共通の目的・見方を感じ取れることです。自由に話し合ったという実感だけでも大

きな収穫だと思います。仕事なんだから他人の思考なんていちいち尊重していられな

いという声もあるかも知れませんが、お互いを理解した後は、何も言わなくてもそれ

ぞれの役割を自覚し、「自分はこのチームでどう立ち回ったらよいのか」をスムーズ

にわかるようになると言います。遠回りに見えても、相互理解を深めた方が仕事をス

ムーズに進めていく近道です。


ダイアログとディスカッションは、異なる2つの対話方法です。どちらが優れている

というわけではなく、場面によって両方の手法を使い分けることが重要だと考えます。

複雑で解決の難しい問題を内外に多く抱える、今の時代を乗り越えていくためには、

辛抱強い「対話する力」が求められているのではないでしょうか。


転職相談エントリーはこちらから⇒https://rs-miyagi.net/entry/

コンサルタント情報https://rs-miyagi.net/consultant/index_03.html

SHARE:
CATEGORY:
研究員の徒然なるままに

ABOUT

リージョナルキャリア東北
「リージョナルキャリア宮城」は、リージョンズ株式会社が運営する、宮城での転職をお考えの方々のための転職支援サイトです。今後のキャリア・転職についてのご相談や、ご希望に合わせた求人情報のご紹介を通して、転職のお手伝いをいたします。

リージョナルキャリア宮城

STAFF

福澤 謙二郎研究員

福澤 謙二郎研究員
リージョナル転職、北海道内での転職を得意とするコンサルタントの集団です!

大石 豊研究員

大石 豊研究員
山形出身、大学は福島、就職は仙台、北陸・関東への転勤を経てUターン、の生粋の東北人です!

坂本研究員

坂本研究員
生まれも育ちも宮城県!毎年、東北温泉巡りをしている坂本が、東北のステキ情報を発信します。

菅原 大研究員

菅原 大研究員
宮城県出身の東北人。リージョンンズを通じて東北の人と企業を盛り上ために日々走り回っています

奥山研究員

奥山研究員
食いしん坊な仙台人。宮城を楽しむ情報をお届けします!

RECENT

ARCHIVE

CATEGORY

RSS FEED