地域情報ブログ

その他2022.05.31

意外と知らない仙台市の町内会事情

産直_アイキャッチ/OGP (2).png

こんにちは。リージョナルキャリア宮城のコンサルタント佐藤です。

みなさんは「町内会」についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。最近は加入率が下がっているという話も聞きます。なくてもよいと考えている方もいるでしょう。私もアパート住まいの時は町内会には加入していませんでした。2011年、仙台市内に自宅を建て、当時の町内会の区長さんがあいさつに来た時は「入らなくてもいいかなぁ......」と思いつつも加入しました。


私が住んでいる地域は町内会活動が比較的盛んだと思います。私自身は、町内会の体育振興会の役員を2014年から2年間担当しました。その後、体育振興会の事務局を1年半ほど経験した後、東京へ単身赴任となり仙台を離れました。そして東京の町内会(町会)は、仙台とは違うことも知りました。


宮城(仙台)での暮らしを検討されている方に、仙台市の町内会のイメージをお伝えできたらと思い、私の体験をお話しします。


仙台の町内会について


そもそも町内会とはどんな組織でしょうか。仙台市における町内会の定義は下記のとおりです。

町内会は、一定の地域に住む人々が日頃から親睦と交流を通じて連帯感を深め、地域に共通するさまざまな課題をみんなで協力して解決し、ふれあいのある快適なまちづくりを目指して自主的に活動している住民自治組織です。

(引用:仙台市 くらしの情報 町内会


仙台市の町内会数は1,385、加入率は76.7%です(2021年6月時点)。東京都の加入率は53.7%とのことで、仙台の加入率が高いことがわかります。


町内会1.png

(引用:仙台市 くらしの情報 仙台市の町内会組織



仙台の町内会の規模


私が所属しているのは「中田中部町内会連合会」(世帯数4625)に属する11の町内会のうちの1つです。この地域は仙台市の最南端に位置し、名取市に隣接しています。集合住宅は少なく一戸建ての住宅が大半を占めています。

地域の町内会(単位町内会)が複数集まって構成されるのが地区連合町内会です。私が所属する単位町内会は、世帯数310(会員266、非会員44)が3区・12班という体制で運営しています。


仙台の町内会の仕事


ひとくちに町内会の役員と言っても様々な仕事があります。主な担当職務はこのようなものです。


町内会長:会の代表。町内会の会議への参加

副会長:会長の補佐

区長:会長の指示により区内の運営にあたる。会費の徴収、回覧板の振分等

総務部: 年間行事の計画、夏祭り、敬老会の運営。予算案の作成

環境保全部:地域内の道路、即効、会館(公民館)内外の清掃、防災パトロール、交通事故防止

婦人部:家庭の健康管理、会館でのサロン会の運営

体育振興会:各種スポーツイベント、学区民体育祭の運営

民生委員:地域住民の生活上の様々な相談に応じる他、高齢者や障害をもつ方の見守り等

会計:町内会費の管理

会館管理者:会館の予約受付、管理


町内会によって役員の任期等は異なり、私の町内会は2年交代の輪番制です。体育振興会は活動頻度が高く月数回活動していましたが、他はおおむね月1~2回程度ではないでしょうか。


仙台の町内会の活動


私が実際に経験した活動は下記の通りです。

※新型コロナ感染症の影響から、現在一部活動を縮小・自粛しています。


回覧版での情報発信、市政だより等の広報誌等の配布

回覧板は月2~3回程度回ってきます。市政だよりは区長が各家庭に配布していました。


自主防災組織を結成し、防災訓練を実施

災害による人的・物的被害を最低限に食い止めるために防災組織を結成し役割を分担しました。役割とは、防災隊長、防災副隊長、救出救護班、情報連絡班、避難誘導班、消火班、給食給水班、区内指揮者という担当です。実際に地震や洪水が発生した際には、体育振興会が避難所の開設・運営を行いました。


道路、公園の清掃活動、ごみ集積所の維持管理

月1回程度の公園清掃(冬季は実施なし)、ごみ集積所は班単位班員が交代で清掃しています。


住民相互のふれあいや世代間交流を促進するためにイベントを実施

夏祭り:小学校の校庭にお店を出します。どんなお店を出すかは各町内会の自由です。今年はどんなお店が出ているのかなと楽しみにしている子供も多いです。盆踊り、花火も行われます。

体育祭:私の地区は学区民運動会として、小学校の運動会と町内会の運動会が合同で開催されます。町内会対抗で小学生と大人が一緒になって楽しめることが特徴です。終盤に行われる町内会対抗リレーはとても盛り上がります。町内会会長さんや学校の先生も走ります(地域によって運動会の形態は異なるようです)。


地域福祉活動、青少年健全育成活動

防犯パトロールとして、小学生の登下校の時間の見回りや交通量が多い道路の横断歩道の誘導を実施しています。


その他の活動

町内会の役員が月1回集合し、活動報告を行っています。


▼写真(左)防災訓練の様子 (右上下)学校でのお泊り会:非常時の訓練を兼ねてダンボールハウスを作成、ドラム缶風呂体験や炊出しを行い、夜は花火も実施しました。子供たちも楽しんでくれました。


町内会2.png

▼写真(左)インディアカ大会(右)町内会対抗卓球大会

スポーツイベントは盛り上がりますね。


町内会3.png

▼楽天イーグルス観戦ツアーも実施しました。


町内会5.jpg

町内会活動に関わってみての感想


町内会活動を通していろいろな気づきがありました。私の感想をお話しします。


・近所に顔見知りができた。子供から年配の方まで幅広い人と話ができる。

・自分の子供に、同じ町内会の子供たちとの接点ができた。

・近所に飲み仲間が出来た。←私にとって最大の収穫です(笑)

・地元愛が深まった。

・近所に尊敬できるスゴイ人たちが沢山いることが分かった。

・困った時に近所の人が助けてくれた。


これを読んでいる方は、町内会に古臭いイメージをお持ちかもしれません。実際にアナログなコミュニケーションが多い組織です。しかし人とのつながりが薄れつつある現代において、アナログコミュニケーションの町内会は貴重な存在だと思っています。


例えば、高齢の男性が町内のグランドゴルフ大会に出場したら面白くてハマり、新しい友達が沢山できたと喜んでいる姿を目にしました。このように新しい出会いの場としての価値は大きいと感じています。私の子供も町内会活動で幅広い年齢の方々と関わることで、色々な人とコミュニケーションをとることの楽しさを知ったようです。


もちろん楽しい事ばかりではありません。正直に言うと、非効率に感じること、煩わしいと思うときもあります。しかし実際に町内会に関わってみて感じるのは、周りの人に声をかけたり、自分からアイデアを出したり......といったことで絆が深まり、居心地のよい場になっていくということです。


ビジネスで得た経験が町内会で活きるということもありますし、逆もまた然りです。私としては、もっと多くの方に町内会について知ってほしいと思っています。これから宮城にUターン・Iターンされる方は、地域の町内会活動についてもリサーチしてみてはいかがでしょうか。


◆町内会について知りたい方は、仙台市のHPに詳しい情報がありますのでご覧ください。

仙台市 暮らしの情報 町内会

お役立ち情報

▼コンサルタントに直接相談をご希望の方はこちら

▼宮城の求人情報をお探しの方はこちら

▼転職支援サービスへのエントリーはこちら

この記事を書いた人

コンサルタント 
佐藤 理貴

バックナンバー

レジャー

2022.11.07

【宮城】ワンコインで入れる!気軽に楽しむ日帰り温泉のすすめ

リージョナルキャリア宮城のコンサルタント、佐藤理貴です。 今回はワンコイン(500円以下)で行ける、宮城県の日帰り温泉の中から2か所を紹介します。あまりにもメジャー過ぎて、宮城県民には怒られるかもしれません(笑) 宮城県民は日帰り温泉が大好き 先日、日本人の県民性を紹介する某番組で「宮城県民は日帰

その他

2022.10.24

仙台の物価は高い?低い?最新データで検証【2022年10月版】

「宮城へのUターンを考えているけれども、具体的な生活イメージを知りたい」という方へ向けて、宮城県の物価をテーマにお話ししたいと思います。 東北最大の街である仙台を擁する宮城県。しかし地方であるゆえに「物価が低い」「東京よりずっと安い」というイメージがあるかもしれません。実際はどうなのか、最新のデー

イベント

2022.10.17

仙台市の社会実験に参加して

リージョナルキャリア宮城のコンサルタント 大石です。 「あなたが見たいと願う世界に、あなた自身がなりなさい。」 私が座右の銘としている、ガンジーの言葉です。 同じように響いてくる言葉があります。 「一燈照隅、万燈照国」。 最澄の言葉として伝えられている言葉です。 「一つの灯火だけでは隅しか照らせない

レジャー

2022.09.29

0歳児とのおでかけ~仙台うみの杜水族館編~

こんにちは。リージョナルキャリア宮城のコンサルタント菅原です。 9月に入り急に秋の空気になりましたね。今年も残すところ4か月と思うと、日々の過ぎる速さに驚かされるばかりです。残りの日々を丁寧に過ごしていきたいと思う今日この頃です。 さて、今回は0歳児帯同で伺った仙台うみの杜水族館のお話をさせていただ

イベント

2022.09.22

【秋の風物詩】仙台 定禅寺ストリートジャズフェスティバル

リージョナルキャリア宮城のコンサルタント 佐藤です。 今回は、仙台の秋の風物詩「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」について書かせていただきます。 定禅寺ストリートジャズフェスティバルとは 私は音楽が好きでいろいろなジャンルを聴きますが、JAZZに関しては正直あまり詳しくありません。ただ、JAZZ

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る