地域情報ブログ

その他2022.06.28

街に森を持つ。

リージョナルキャリア宮城のコンサルタント大石です。


私の住まいは、仙台市の都心部から車で30分ほどのところにあります。

写真はそんな私の家から歩いて10分位のところにある裏山です。


20220628_1.jpg

写真は6月1日に撮影しました。

私が最も好きな5月の新緑の頃に比べると、やや深みが増してきてか、水分もたっぷり含んだ緑が鮮やかに映えます。


私は、よく、一人で森に籠ります。

「森に籠る」というとやや大げさに聞こえるかもしれませんが、日常的に何かあれば、半日から1日位、自然の中で一人の時間を過ごします。街やビジネス時間と切り離された日常とは別の時間を、意識的に持つようにしているのです。


きっかけは、仲間が運営する「株式会社森へ」さんの「森のリトリート」を経験したことでした。それ以来、「森の時間」は自分の生活の景色の一つになっています。


◆森のリトリート

20220628_2.png

森の時間でしていること、それは「ゆっくり、静かに、感じ」ることです。


私たちは、普段、極めて思考/論理優位で、頭を使うことに偏った生活を送っています。ビジネスの世界に生きる私たちにとって、思考をフルパワーでドライブさせながら「とにかく一瞬でも素早く、考えて、意思決定し、そして行動する」ことは、厳しい経済環境下を生き抜いていくためにとても大事な事です。


他方で、普段私たちは、この地球というより大きな環境の中で、身体を持つ生物である自分の存在を忘れています。マインドフルネスや、ヨガなどを生活に取り入れておられる方はよく理解していると思いますが、私たちは自覚的に意識しないと、普段、自分の体を、呼吸して生きていることすら忘れているように思います。


何ごともバランス。

私にとって「森の時間」は、バランスをとるための大切な時間になっています。


20220628_3.jpg

深呼吸して、感覚を開く。

考えるだけではなく、五感で感じる。

頭ではなく、湧き上がってくる気持ちを身体で感じ、それを味わってみる。

自分が呼吸をして生きていることを思い出す。


普段、携帯やPCの画面で、隙間なくビッチリと、目や耳や、触覚を担う手を塞がれている身体を、デジタルデバイスから切り離す。


群れずに、孤独をじっくり味わう。

空の色に気付き、鳥の鳴き声、虫の音、木々の葉音に耳を澄ますこと。

吹き抜ける風越しに自分の体の輪郭を感じること。

そして、本来の自分へと還っていくこと。


リフレクションと呼んでいますが、身体を使って森と対話する内省の中で、自らと自ずから、そしてその「あわい」を感じ、生きている体と、世界に感謝すること。

その感覚は、この上なく豊かで、優しく、手持ちの貨幣の量を追って一喜一憂しなくとも、

自分が既に幸福であるということを教えてくれます。


20220628_4.jpg

杜の都と言われるこの街で、文字通りに森と共にいて木々に囲まれる経験は、時間を無限に味わう体験です。


その感覚は、眠っていた自分の力を呼び戻し、いわば森の時間と対極の日常の「街の時間」において、より自分らしく無理なく自然な形で力を発揮する術を教えてくれます。


本来、課題を解くために有効な方法は、相手を打ち負かしコントロールするための討論や議論ではなく、森のように多様なお互いの存在の中で湧き上がるものを見つめる「対話」であることを、教えてくれます。


観光地やレジャースポットに行ったり、ショッピングをしたり、美味しいものを食べるのも良いのかもしれませんが、身近なところに、自分に還れる場所を持てる、ということもこの仙台という街の豊かさの一つかもしれません。

「杜の都」という言葉と共にあるこの街が、この先も、心を満たす事を大事にする人が住まう街であり続けることを祈ってやみません。


20220628_5.jpg

お役立ち情報

▼コンサルタントに直接相談をご希望の方はこちら

▼宮城の求人情報をお探しの方はこちら

▼転職支援サービスへのエントリーはこちら

この記事を書いた人

チーフコンサルタント 
大石 豊

バックナンバー

レジャー

2022.11.07

【宮城】ワンコインで入れる!気軽に楽しむ日帰り温泉のすすめ

リージョナルキャリア宮城のコンサルタント、佐藤理貴です。 今回はワンコイン(500円以下)で行ける、宮城県の日帰り温泉の中から2か所を紹介します。あまりにもメジャー過ぎて、宮城県民には怒られるかもしれません(笑) 宮城県民は日帰り温泉が大好き 先日、日本人の県民性を紹介する某番組で「宮城県民は日帰

その他

2022.10.24

仙台の物価は高い?低い?最新データで検証【2022年10月版】

「宮城へのUターンを考えているけれども、具体的な生活イメージを知りたい」という方へ向けて、宮城県の物価をテーマにお話ししたいと思います。 東北最大の街である仙台を擁する宮城県。しかし地方であるゆえに「物価が低い」「東京よりずっと安い」というイメージがあるかもしれません。実際はどうなのか、最新のデー

イベント

2022.10.17

仙台市の社会実験に参加して

リージョナルキャリア宮城のコンサルタント 大石です。 「あなたが見たいと願う世界に、あなた自身がなりなさい。」 私が座右の銘としている、ガンジーの言葉です。 同じように響いてくる言葉があります。 「一燈照隅、万燈照国」。 最澄の言葉として伝えられている言葉です。 「一つの灯火だけでは隅しか照らせない

レジャー

2022.09.29

0歳児とのおでかけ~仙台うみの杜水族館編~

こんにちは。リージョナルキャリア宮城のコンサルタント菅原です。 9月に入り急に秋の空気になりましたね。今年も残すところ4か月と思うと、日々の過ぎる速さに驚かされるばかりです。残りの日々を丁寧に過ごしていきたいと思う今日この頃です。 さて、今回は0歳児帯同で伺った仙台うみの杜水族館のお話をさせていただ

イベント

2022.09.22

【秋の風物詩】仙台 定禅寺ストリートジャズフェスティバル

リージョナルキャリア宮城のコンサルタント 佐藤です。 今回は、仙台の秋の風物詩「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」について書かせていただきます。 定禅寺ストリートジャズフェスティバルとは 私は音楽が好きでいろいろなジャンルを聴きますが、JAZZに関しては正直あまり詳しくありません。ただ、JAZZ

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る