地域情報ブログ

グルメ2022.07.20

宮城県のおいしいもの~おさかな編~

リージョナルキャリア宮城のコンサルタント 佐藤です。

宮城県の名物と言えば「牛タン」ですよね。他には、「ずんだ」「萩の月」「笹かまぼこ」が定番で、ここ数年で「せり鍋」の知名度も上がってきています。しかし、この話題になると私は「宮城県はおさかなも美味しいんですよ」と言っています。地元の人には身近すぎてつい忘れられてしまう「宮城県のおさかな」について今回はお話ししたいと思います。

宮城県沖は世界三大漁場のうちの一つ

漁獲種の多い優良な漁場として、世界三大漁場と呼ばれる地域があります。ノルウェー沖、カナダのグランドバング、そして三陸金華山沖です。金華山沖は親潮(寒流)と黒潮(暖流)がぶつかるポイントです。また、リアス式海岸や多くの島があり魚の住処として最適な環境のため、非常に多くの種類の魚介類が生息しています。宮城県の漁業生産量、漁業産出額は全国第4位。三陸石巻港は日本トップクラスの魚種(約200種類)を誇ります。

◆さかなが食べたくなる動画「世界三大漁場石巻」

数字で見る宮城県の「おさかな事情」

宮城県のおさかなは、全国トップクラス(※2019年データより)のものが沢山あります。

海面漁業
漁獲量全国第1位 サメ、メバチマグロ、メカジキ

海面養殖
生産量全国第1位 ワカメ、ギンザケ(国内生産量の9割を占めます)

養殖ギンザケは寄生虫の心配がなく生食に最適です!

みやぎのさかな10選(プラス2)
まぐろ(クロマグロ)、カツオ、サンマ、ぎんざけ、かれい、はぜ、あゆ、かき、あわび、ほや、のり、わかめ

20220720_1.png

引用:宮城の水産業(最終閲覧日:2022年7月20日)

水産業が抱える問題点

宮城だけでなく日本の水産業は深刻な高齢化が進んでおり、担い手不足の問題を抱えています。日本の漁業者の平均年齢は56.7歳です。漁業経営体数、漁業就業者数も大幅な減少が続いています。このままでは美味しいさかなを食べられなくなる可能性があります。

20220720_2.png

引用:宮城の水産業(最終閲覧日:2022年7月20日)

水産業を盛り上げている人たち

先に挙げたような、水産業が抱える問題や課題を解決しようとしている団体があります。

フィッシャーマンジャパン

コンセプトは「漁業をカッコよく」。ホームページを見ていただけると、漁業に対するイメージが変わると思います。「あれ?高齢化どこいった?かっこよくない?」と思っていただけるのではないでしょうか。
水産業のしくみを変える。未来のフィッシャーマンを育てる。漁業の魅力を伝える。これからの水産業を持続可能にする。ということに本気で取り組んでいる団体です。

「水産業×IT」

水産業とITの組合せで、漁業の課題解決をしようとしている会社があります。一見すると結びつかないようなこの組合せですが、斬新な発想と技術力で漁業を進化させています。

◆東杜シーテック株式会社
超音波エコー画像を用いた魚の雌雄判別装置「SmartEcho」。
http://www.tctec.co.jp/product/smart-echo/


◆アンデックス
「デジタル操業日誌」「ICTブイ」等
漁師が欲している漁場の水温の測定を行い、漁師が漁業に活かせる形に整形(スマートフォン向けアプリケーション化)し、提供。
http://marine-it.net/

気軽におさかなを味わえるオススメスポット

最後に、宮城県内でおさかな料理を楽しめるスポットをご案内します。

●かわまちてらす閖上

20220720_3.png

かわまちてらす閖上(筆者撮影)

「ゆりあげ港朝市」と当ブログで紹介したアクアイグニス仙台もすぐ近くにあります。

※リンク記事: 「震災後の仙台を生きる、ということ。」

・塩釜水産仲卸市場(日曜朝市が特にオススメ!)

・杜の市場

・松島さかな市場

ここで紹介したスポットはほんの一例です。まだまだ素晴らしいお店があるので、調べてみて下さい!

まとめ

宮城県はスーパーに売っている魚介類や、普通の居酒屋で提供されるおさかなのレベルが高いことも特徴です。私は、単身赴任で首都圏に住んでいた時にあらためて宮城のさかなの魅力を感じました。

一般消費者として、おさかなを食べることも水産業を盛り上げることにつながります。ドンドンおさかなを食べましょう!そして、宮城県の水産業が今後もっともっと盛り上がることを期待しています。

お役立ち情報

▼コンサルタントに直接相談をご希望の方はこちら

▼宮城の求人情報をお探しの方はこちら

▼転職支援サービスへのエントリーはこちら

この記事を書いた人

コンサルタント 
佐藤 理貴

バックナンバー

レジャー

2022.11.07

【宮城】ワンコインで入れる!気軽に楽しむ日帰り温泉のすすめ

リージョナルキャリア宮城のコンサルタント、佐藤理貴です。 今回はワンコイン(500円以下)で行ける、宮城県の日帰り温泉の中から2か所を紹介します。あまりにもメジャー過ぎて、宮城県民には怒られるかもしれません(笑) 宮城県民は日帰り温泉が大好き 先日、日本人の県民性を紹介する某番組で「宮城県民は日帰

その他

2022.10.24

仙台の物価は高い?低い?最新データで検証【2022年10月版】

「宮城へのUターンを考えているけれども、具体的な生活イメージを知りたい」という方へ向けて、宮城県の物価をテーマにお話ししたいと思います。 東北最大の街である仙台を擁する宮城県。しかし地方であるゆえに「物価が低い」「東京よりずっと安い」というイメージがあるかもしれません。実際はどうなのか、最新のデー

イベント

2022.10.17

仙台市の社会実験に参加して

リージョナルキャリア宮城のコンサルタント 大石です。 「あなたが見たいと願う世界に、あなた自身がなりなさい。」 私が座右の銘としている、ガンジーの言葉です。 同じように響いてくる言葉があります。 「一燈照隅、万燈照国」。 最澄の言葉として伝えられている言葉です。 「一つの灯火だけでは隅しか照らせない

レジャー

2022.09.29

0歳児とのおでかけ~仙台うみの杜水族館編~

こんにちは。リージョナルキャリア宮城のコンサルタント菅原です。 9月に入り急に秋の空気になりましたね。今年も残すところ4か月と思うと、日々の過ぎる速さに驚かされるばかりです。残りの日々を丁寧に過ごしていきたいと思う今日この頃です。 さて、今回は0歳児帯同で伺った仙台うみの杜水族館のお話をさせていただ

イベント

2022.09.22

【秋の風物詩】仙台 定禅寺ストリートジャズフェスティバル

リージョナルキャリア宮城のコンサルタント 佐藤です。 今回は、仙台の秋の風物詩「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」について書かせていただきます。 定禅寺ストリートジャズフェスティバルとは 私は音楽が好きでいろいろなジャンルを聴きますが、JAZZに関しては正直あまり詳しくありません。ただ、JAZZ

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る